日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

羽田空港国際線旅客ターミナルで
ウェアラブルカメラの実証実験を開始

 セコム(株)と東京国際空港ターミナル(株)は、羽田空港国際線旅客ターミナルにて、警備におけるウェアラブルカメラ活用の実証実験を4月から行っている。
 世界各地でテロの危険性が高まっており、日本の観光立国の進展に呼応して国際化がますます進むなか、特に、空の玄関口である空港では、そうしたテロなどの事件・事故を防ぐため、より高度で機動性の高い警備が重要となっている。
 今回使用するウェアラブルカメラは、巡回警備員が胸に装着することで、警備の現場で何か問題が発生した場合には、ウェアラブルカメラで撮影した映像がリアルタイムで警備本部のモニターに映し出されてその場の状況が即座に確認でき、早期の事態把握と初動の素早い対応指示が可能となる。
 また、位置測位技術、通信技術を活用し、ウェアラブルカメラを装着する警備員の位置情報も警備本部でリアルタイムで分かり、事件・事故発生現場への緊急対処もスピーディーに行える。
 実証実験では、8台のウェアラブルカメラを試験導入し、その状況を踏まえ、本格導入を図りたいと考えている。

セコム(株)
http://www.secom.co.jp/

2016年4月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ