日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

「TAKEXソリューションフェア2016」 東京にて新製品見本市開催
テロ対策に有効なシステムも提案

 竹中エンジニアリング(株)は、5月11日・12日に、ハイアットリージェンシー東京において「TAKEXソリューションフェア2016」"見て、聞いて、触れて、実感。皆様のお役にたつ、新たなビジネス情報のご提供!"を開催した。
 今回の見本市では、さらに充実したビデオカメラシステムの展示の他、霧を噴射して侵入者の視界をシャットアウトすることで盗難対策などに役立つ防犯装置「フォグガード」の実演をはじめ、検知器、多重伝送装置、受信制御機器・通報機器・警報器、報知器・人感スイッチ・人感ライト、無線機器、映像機器、出入管理機器・保管機器、ディフェンス機器、ヘルスケア用システム機器、自動ドア・シャッター制御用システム機器、保安用・環境用システム機器など多彩な新製品の展示に加え、「TAKEX ソリューションセミナー」も同時開催され、多くの来場者で賑わった。

さらに充実した ビデオカメラシステム
  ワンケーブルフルHD-SDIカメラ、フルHDネットワークカメラ、AHDカメラ、スーパーデイナイトカメラ、センサーカメラ等、多彩なランナップを誇るビデオカメラシステムがますます充実した。
 今回特に注目を集めていたのは、「AHD PTZカメラ」「ワンケーブルAHDカメラ」「壁掛型AHDデジタルレコーダー」であった。
 AHDカメラとは、アナログシステムでメガピクセル画質の監視を可能にするカメラシステムのことで、最大500mの長距離配線が可能なうえ、カメラとレコーダーの機器を替えるだけの配線工事が不要なカメラシステム。
 「AHD PTZカメラ (PTZ-910AH) 」は、AHD対応の光学10倍ズーム屋外設置対応のPTZカメラで、フルHDの高画質と低コストを両立し、高いコストパフォーマンスを実現している。
 さらに、同軸重畳制御機能、ツアー・オートパンなどの自動動作機能、アナログ・AHD同時出力機能など多彩な機能を搭載している。
 「ワンケーブルAHDカメラシリーズ (屋外ハウジング型VHC-IR940AH、屋内カプセル型VCC-IR940AH、屋外カプセル型VOC-IR940AH) 」は、207万画素センサー採用でフルHDの高画質を実現した赤外線照明内蔵型カメラでワンケーブル・2WAY電源に対応し、リプレイに最適なシリーズとなっている。
 「壁掛型AHDデジタルレコーダー (WDR-H402) 」は、6.2型液晶カラーモニターとネットワーク機能を搭載した、AHD・アナログ入力対応壁掛型デジタルレコーダーで、省スペースでの設置を可能としている。
 大記録容量のHDDを搭載し長時間の映像記録が可能なうえ、4台のカメラ映像を同時録画・再生機能、スケジュール録画機能、イベント録画機能(センサー入力/モーション検知)、緊急録画機能など用途に合わせて多彩な録画機能が選択できる。
 さらに、ネットワーク機能搭載でPC・スマートフォン・タブレットにて遠隔監視が可能となっている。

インフラ施設向けをはじめとした
さまざまな現場でのシステム提案

 今回も、インフラ施設向けの提案、車両基地・駅構内向けの提案、工事現場向けの提案、イベント会場向けの提案、工場向けの提案、大規模太陽光発電所向けの提案、大型店舗向けの提案、病院向けヘルスケアシステムの提案など、システム別、業種別の提案例・提案書が多数展示された。
 センサーメーカーならではの多彩なセンサーの組み合わせにより、様々な要望に対応したシステムを構築できるのが大きな魅力となっており、特に、広大な敷地に適した赤外線フェンスセンサー等により侵入検知を行う外周警備や、従来の煙による検知より早く検知可能な炎を瞬時にキャッチして、ブザー音鳴動と表示灯点滅を行う炎センサーを活用した放火監視システム等に注目が集まっていた。

 恒例の竹中センサグループ総合見本市は、2017年1月神戸において開催される予定。

竹中エンジニアリング
TEL 075-594-7211

http://www.takex-eng.co.jp/

2016年5月30日発信

 
 
会社案内お問い合わせ