日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

朋栄45周年記念全国内覧会 FOR-A Post NAB 2016 開催
世界最高水準の技術力を進化させ続けて45周年

 (株)朋栄は、5月19日・20日の2日間、朋栄本社において「朋栄45周年記念全国内覧会 FOR-A Post NAB 2016」を開催した。
 内覧会では、米国ラスベガスにて開催されたNAB 2016に出展した新製品を中心とした展示と朋栄の取り組みを紹介するプレゼンテーションが行われ、両日とも多くの来場者で賑わった。
 また、本年は、創立45周年を記念し、東京会場を皮切りに仙台、札幌、大阪、名古屋、福岡でも開催する。
 同社は、1971年創業、世界初ビデオタイマを開発・製品化して以来、アメリカ、カナダ、イギリス、イタリア、韓国、中国、UAE、インドに海外拠点を有し、2012年には、世界初となる4K解像度での高速撮影が可能なカメラを発表し、大きな注目を集め、2012年経済産業大臣賞(日本映画テレビ技術大賞)をはじめ各賞を受賞するなど、常に時代を先取りした技術を投入した製品を開発し続けている。

◆マルチビューワ
 現在では標準的に使用されている「マルチビューワ」という言葉を日本で初めて使用し始めたのは同社が開発した「MV-24」であり、「MV-24」の登場によって複数のカメラ映像を1台のモニタで確認することが可能になった。
 それ以来、用途に合わせた機能、性能を持ったマルチビューワを開発、さらには、小型化、ローコスト化を実現するなどニーズに応える新製品を開発し続けている。
 今回展示された新製品「MV-1200/1210」は、コンパクトな1Uのフレームで最大16入力4系統6出力のモニタリングが可能な4K対応マルチビューワである。
  多彩な機能搭載に加え、4K映像の入出力など、さまざまなニーズに柔軟に対応できることも特長のひとつである。
MV-1200/1210の主な特長
・オプション装着で最大16入力に対応
・HDMI2.0b出力に対応(オプション)
・HDから4Kへのアップリサイズ機能
・タイトル欄にロゴを表示
・Windows PC上で出力映像を確認するネットワーク動画転送
機能
・転送画像のキャプチャが可能なネットワーク録画機能
・分割ウインドウの音声選択出力
・3G-SDI(Level-A/B)、HD-SDI、SD-SDI、アナログコンポジット、HDMI、DVIの混在入力に対応
・エラー発生画面のボーダ点滅、エラーアイコン、エラーメッセージの表示が可能
・タリー表示/タイトル表示/タイムコード表示/ロゴ画像表示機能
・時刻表示/タイマー表示/インフォメーションディスプレイ表示
・インフォメーションディスプレイにエラーログやテキスト情報を表示
・インプットロックを搭載、リファレンス信号を使わずにゲンロックが可能
・30時間制の時刻表示が可能
・1日最大24個、1週間分のスケジュールタイマの登録が可能
・クロップ機能
・Y/CのほかYのみでもフリーズ検出が可能

◆ビデオスタビライザ(ブレ補正)
 ビデオスタビライザは、撮影時に発生した映像のブレをリアルタイムに除去するブレ補正装置で、風や波の影響による映像のブレを補正し、高所監視や船舶監視において的確な監視業務を支援し、不審船・不審者の発見率を高めることができる。
 今回は「HD/SD ビデオスタビライザ IVS-710HS」と「ビデオスタビライザ&オートビデオオプティマイザIVS-200」が展示された。
 「IVS-710HS」は、HD/SD-SDI入出力に対応し、カメラのパン/チルトの動きは維持しブレのみをリアルタイムに補正する高性能画像処理プロセスをハーフ1Uの小型サイズで実現したモデル。
 「IVS-200」は、従来のビデオスタビライザの特徴であった縦・横方向のブレ補正だけでなく、回転補正にも対応。
 また、映像を適正レベルに自動補正可能なオートビデオオプティマイザ (AVO) 機能を実装し、モニタリング環境を劇的に改善することが可能なモデル。
 さらに、ビデオ信号を入力するだけの簡単設計のため、既存システムへの追加が容易で、リアルタイム補正の他、既に収録済みのVTR映像に対するブレ補正も可能となっている。

◆監視用モニタ・強化ガラスモニタ
 設置場所を選ばない小型モデルから強化ガラス仕様の大型モデルまで高信頼性・高耐久性に優れた監視用途に最適なモニタを多彩に展開している。日本防犯設備協会規格に準拠したモデルも有している。
 今回は「強化ガラス仕様ディスプレイHX-42」と「小型HDディスプレイSL125」が展示された。
 「HX-42」は、HD-SDI 入力対応、強化ガラス仕様の42インチ大型ディスプレイで、衝撃に強く屋外設置にも最適なモデルである。
 「SL125」は、セキュリティ用途に最適な高信頼性・高耐久性ディスプレイで、LEDパネルにより省電力を実現した12.5インチのコンパクトなモデル。
 HDMI入力を有し、小型ながらHD映像を精細に表示することが可能である。

(株)朋栄
TEL 03-3446-3121

http://www.for-a.co.jp/

2016年6月13日発信

 
 
会社案内お問い合わせ