日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

世界最軽量 VGA用ディテクター 17μmピクセルピッチ対応
遠赤外線カメラ用光学3倍ズームレンズ発売

 (株)タムロンは、世界最軽量 VGA用ディテクター 17μmピクセルピッチ対応 遠赤外線カメラ用光学3倍ズームレンズ 50-150mm F/1.6 (Model: LVZ3X5016N) の発売を開始した。
 近年、セキュリティ市場において、遠赤外線カメラ製品は重要施設・設備監視など多方面で注目を集めている。
 同社では、2012年に遠赤外線カメラ用レンズ初期モデルとして、高機能な遠赤外線レンズシリーズを市場投入し、2014年には世界最軽量かつ小型でありながら、利便性も追求した35-105mm F/1.6 (Model: LVZ3X3516N / LVZ3X3516A) 光学3倍ズームレンズを発売開始した。
 光源の有無、天候などの条件影響を受けにくい遠赤外線技術とともに、その高い光学性能に対しても、ユーザーより評価を得ている。  今回、Model: LVZ3X3516N / LVZ3X3516Aのユーザーの多くから、105mmよりも更に望遠側を求める声が多くあり、50-150mm F/1.6 (Model: LVZ3X5016N)の光学3倍ズームレンズを開発した。
 Model: LVZ3X3516N / LVZ3X3516Aの特長である軽量・小型である形状、高い光学性能、利便性を維持しつつ、より遠方を撮影できるレンズ設計にした。
 今後は、用途に応じてModel: LVZ3X5016NとModel: LVZ3X3516N / LVZ3X3516Aの3種類のレンズから選択できるようになった。

◆主な特長
・世界最軽量小型ズームレンズ
 Model: LVZ3X3516N / LVZ3X3516Aの特長を踏襲し、50-150mm F/1.6 質量1,170gの世界最軽量ズームレンズを実現した。
 望遠域をカバーする主なレンズと比較して小型で、現在利用のハウジングや、遠赤外線市場で一般的な形状のハウジングへの組み込みも検討できる。
 これにより、システム開発負荷の軽減や、システム全体のコンパクト化を実現する。
 従来の形状が課題となり導入されなかった環境での利用も可能にする、新たな光学3倍ズームレンズ。
・ハイコントラストな画像提供
 光学ズームにより画角調整出来る為、画像処理による画質劣化を低減した撮影を可能にする。
 これにより、単焦点レンズでは実現困難であった、新たな監視提案を可能にする。
 環境温度変化による焦点移動を軽減する為、アクティブ・アサーマル(電動フォーカス補正機構)を採用した。
 また、フォーカス精度を向上させる為、ステッピング・モーターを使い、フォーカス機構を直動制御している。
 特に望遠側の高い光学性能に寄与している。}
・ズーム全域で均一な明るさを維持
 遠赤外線の画像は光量変化の影響を受けやすく、ズーミングを伴う焦点距離変化にリンクしてF値が変化すると、これに対応したカメラ側での調整が必要となる。
 Model: LVZ3X5016Nはその調整を不要とするため、50-150mmの全域でF/1.6の均一な明るさを維持し、光量の変化による画質変化が軽減される。  どの焦点距離範囲内でも、最適画像を調整なく撮影することが可能。
・ズーム利便性を追及
 汎用性の高い独自開発のシリアル通信制御を採用。
 Model: LVZ3X3516N / LVZ3X3516Aも同様の通信制御採用の為、同モデル利用のユーザーの開発負担を軽減する。
 更に、レンズ表面にはDLC (Diamond-Like-Carbon) コーティングを施し、ハウジングに付加するゲルマ窓が不要になる。
 ユーザーを取り囲む様々な環境を想定し、利便性を追及したレンズを開発した。

(株)タムロン
TEL 048-684-9116

http://www.tamron.co.jp

2016年6月27日発信

 
 
会社案内お問い合わせ