日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

Skyhigh Networksが日本法人を設立し本格進出 
CASB:Cloud Access Security Broker普及を加速

 企業のクラウドサービス利用におけるセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスを確保する「CASB」(キャスビー)のマーケットリーダーであるSkyhigh Networks,Inc.(本社:米国カリフォルニア州)は、日本法人、スカイハイネットワークスジャパン合同会社を設立、CASBの国内への普及に向けた展開を加速していく。
 企業が多様なクラウドアプリケーションを利用するようになった現在、従業員がクラウドサービスを見つけ出し、仕事に利用してしまう「シャドーIT」は経営上の大きなリスクとなっており、対策が急務。
 また利用が認められたサービスであってもコンプライアンス、ガバナンス上の一貫したポリシーの適用が重要。
 こうしたクラウド利用におけるセキュリティ課題解決のために米ガートナー社の提唱から生まれたのがCASB(=Cloud Access Security Broker)。
 CASBは、クラウドサービスと企業ユーザーの間に位置して、データ暗号化、監査、データ漏えい防止、アクセス制御、不正なふるまい検知など、クラウドアクセスにおけるセキュリティを確保するためのさまざまな機能を果たすソフトウエアであり、今後のクラウド活用に必須のものといえる。
 Skyhigh Networksが提供する「Skyhigh Cloud Security Platform」は、シャドーITへの安全を確保し、企業が自社のセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンス要件を満たしながら、複数のクラウドをオールインワンで安全かつ積極的に活用できるソリューション。
 同ソリューションでは、ガートナー社が規定するCASBの4つの柱:(1)可視化、(2)脅威防御、(3)コンプライアンス、(4)データセキュリティを高次元で実現している。
 国内では昨春よりマクニカネットワークス社と販売代理店契約を締結し、同社の積極的な取り組みによる展開が実施されてきているが、ここで拡販を一層本格化し加速していくために日本法人の設立登記を行い、代表には、ソニックウオール社および、Infoblox社でカントリーマネージャーを務め た露木正樹氏が就任した。

◆主な特徴
・「Skyhigh for ShadowIT」(スカイハイ フォー シャドーIT)
 シャドーITに対し、企業ユーザーのクラウド利用状況のモニタリングを行うと共に、独自に調査した約17,000以上のクラウドサービスをすべて可視化分析し、リスクを定量化、一貫したポリシーの適用を可能にしている。
 同製品サービスでは企業の拠点に設置されたファイアウオールやプロキシと連携して、クラウドサービスの利用状況の把握が可能。
 アクセス中のクラウドサービスのリスク状況の確認のみならず、誰がいつどのクラウドをどのように利用しているかまでも把握することができる。
 不審なアップロードやダウンロードなどのモニタリングも可能で、これまでクラウドサービスのセキュリティに不安も持っていた企業に対して、安全なクラウドサービス利用環境を作り出す。
 Skyhighでは大規模な専任チームを擁して、全世界のクラウドサービスを独自に評価する作業を日夜継続。
 サービス毎のリスクを判定し、評点により9段階のリスクレイティングをしている。
 判定は、クラウドセキュリティの標準化を目指している国際団体・CSA(クラウドセキュリティアライアンス)の評価指標に準拠。
 ガイドラインを探している企業にも最適のサービス。
・「Skyhigh for Sanctioned IT」(スカイハイ フォー サンクションドIT)
 同製品は、Box・Office365・SalesForceなど、企業で重要なITインフラとなっているクラウド各サービスに、それぞれ以下の機能を提供して、さらなるセキュリティ強化を実現する。
 APIとReverse Proxyの2つのモードにより様々な条件でのサポートをする。
 可視化:クラウドサービスの利用状況の可視化
 オンデマンドスキャン:オンデマンドでのDLPの実行
 アクティビティ監視:アクティビティログを収集し可視化を提供
 アノマリ検知:機械学習での内部脅威の検知
 場所での分析:ログイン場所の分析を行い、不正なログイン・利用を検知
 コラボレーション分析:管理テナント内での可視化を行い重要情報へのアクセスを分析
 DLP:DLPポリシーを強制。クレジットカード番号・マイナンバー等を隔離・削除
 共有制限:アクセスレベルの変更、アクセス権限の削除
 さらに、オンプレDLPとの連携や状況に応じたアクセスコントロール、RMSシステムと連携した知的財産権保護などを可能にした充実のサービス。

スカイハイネットワークスジャパン合同会社
TEL 050-3576-3090

http://skyhighnetworks.com/ja/

2016年6月6日発信

 
 
会社案内お問い合わせ