日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

日本ロックセキュリティ協同組合
平成28年度通常総代会開催される

 日本ロックセキュリティ協同組合は、5月31日、東京都港区のホテルアジュール竹芝に於いて平成28年度通常総代会を開催した。
 同協会は、鍵業者として国内唯一の内閣総理大臣認可を受けた組織として、平成10年に設立されて以来17年間、組合員各々がその社会的使命に応え、地域に密着しながら自主的な経済活動を促進し、その経済的地位の向上を図ることによって、社会秩序の維持に貢献し、国民の安全に寄与することを目的として活動してきた。
 防犯意識を高める活動を行うため、6月9日を「我が家のカギを見直すロックの日」と定め、全国一斉に組合員が地域の警察や防犯関係団体の協力のもと、街頭で防犯チラシなどの配布活動を行う他、10月には「全国地域安全運動」に協力した広報活動などを行っている。
 また、助成金を活用したキャリアアップ講習も本年度は1か所での開催を予定している他、知識・技術・サービス面でのより一層の向上を目的とした各種講習会の随時開催、技能の向上を図るための技術的講習会・研修会もさらに充実させていく方針をとっている。
 共同受注事業においては、事務局の体制も整え、本年度よりコールセンター事業も実施し、組合員への依頼が増えるように進める他、組合員にとっては流通経路が無かった防犯カメラなどの製品も組合を通して購入することが可能になるなど、組合員の経済活動促進のための事業も行っている。
 さらに、平成18年3月に厚生労働大臣より認定された社内検定制度である錠施工検定も実施しており、従業員の技能・地位の向上に役立っている。
 今回の総代会では、第1号議案から第6号議案まで全て承認可決された。
 また、総代会終了後に行われた意見交換会も盛況のうちに閉会した。

日本ロックセキュリティ協同組合
TEL 03-3265-0505

http://www.jalose.org/

2016年7月4日発信

 
 
会社案内お問い合わせ