日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

わが子を家庭内地震災害から守ろう パパとママのための防災セミナー開催
あなたが防災準備ができないのは「楽観バイアス」のせいだった

 家具の固定など家庭内の防災対策は、必要と分かっていても実行しているのは約2割、といわれているが、「わが子を守る」ことをきっかけに家庭内防災に着手してもらおうと、一般社団法人日本地震対策推進協会では、「赤ちゃんのためにパパとママができること」と題した防災セミナーを開催している。受講者からは、何を準備すればよいかわかった、安心した、などの声が寄せられている。
 首都直下型地震や南海トラフなど、首都圏で大地震の発生する可能性は高いにもかかわらず、内閣府防災担当のアンケート調査によれば、家庭内で家具等の転倒防止をしていると回答しているのは約2割にとどまっている。
 防止策をしない理由として、面倒、特に理由なしが併せて約半数に上っているが、これは心理学的に「楽観バイアス」によるものとされている。
 楽観バイアスとは、自分は大丈夫だろうと根拠なく楽観視することをいい、結果、対策を先送りすることとなる。しかし、自分の子供など、自分で身を守ることができない対象に被害が及ぶことを考えたときは、このバイアスがとれて危険を客観視でき、被害を避けるための具体的な行動を取らなくては、という意識になる。

◆パパとママのための防災ミニセミナー
 そこで、同協会では、家庭内で乳幼児の身を守るための具体的な災害防止対策について、初歩的な取り組みを伝えるミニセミナーを開催している。
 このセミナーでは、赤ちゃんのための、具体的な家庭内防災の方法、地震後の生活のために備えるべき備品、簡易おむつの作成法や電気やガスがないときのミルク用のお湯の沸かし方など、実習を交えて学ぶ。
 子供のためにできることから着手することによって、自分自身の楽観バイアスが解け、家庭内の防災対策が進展することが期待される。

◆セミナー開催要領
12月のセミナー受付中
場所:一般社団法人日本地震対策推進協会イベントスペース
   (千代田線湯島駅より徒歩5分)
月日:月〜金曜日の都合の良い日時を通知。 
所要時間:約1時間
参加費:無料
電話:03-5826-4360(「赤ちゃんのため」セミナー)
電話受付時間:月〜金曜日 10:00〜17:00
URL:http://ecopa117.com/

一般社団法人日本地震対策推進協会
http://ecopa117.com/

2017年12月4日発信

 
 
会社案内お問い合わせ