日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

高度な情報漏洩対策技術を備えたモバイルライブ映像システムを開発
セキュリティを強化しながら自由度も高い業務環境を実現

  技術創出ベンチャーの(有)TRIARTとトヨタ自動車九州(株)は、指定した環境のみで動作可能なカメラから得られる情報を暗号処理することにより、企業の機密情報漏洩を防止できるモバイルライブ映像システムを開発した。

サービスイメージ


 スマートデバイスの業務活用が一般化する一方、機密情報を取り扱う業務環境においてはこれまで情報漏洩を防止するためにカメラ機能を制限する必要があった。このため、TRIARTとトヨタ九州は、カメラ機能を制御し、端末内に一切データを残すことなくデータを管理できるセキュアカメラシステムを2014年2月に共同開発し、トヨタ九州の工場内で運用してきた。
その結果、厳重なセキュリティを担保しながら、機密情報の撮影が可能な業務環境を実現し、画像情報を利用して組立工程における自動車部品の構造改善が提案できるようになるなど業務の効率化に成功。同システムをTRIARTが「XCOA-CAM(クロスコア・カム)」として商品化し、モバイル端末導入の必要がありながら、セキュリティを担保しなければならない企業などから好評を博してきた。
 今回はさらに、これまで蓄積してきたノウハウを活かし、高度なセキュリティを担保しながら画像情報のみでなくライブ映像も情報共有できるシステムを開発した。
この新しいシステムでは、iPhoneなどのスマートデバイスのカメラ機能を制御する技術と情報漏洩を防止するための閲覧者制限可能なセキュアサーバ技術を応用。位置情報や時刻、ユーザ権限をコントロールすることでライブ映像をリアルタイムに共有し、例えば日本と海外のような連携の難しい遠隔拠点間であっても機密性の高いプロジェクトが遂行可能。また、通常はシステムにセキュリティ対策を施す影響で迅速な運用が難しくなりがちな弊害を克服し、管理者がより迅速に対応できるインターフェースにも配慮している。このため、遠隔拠点で災害や事故が発生した際、拠点の端末を容易に遠隔操作でコントロールして映像中継させ、現場の状況を即座に把握する活用も可能。
 TRIARTは九州工業大学発の技術創出ベンチャーで、産学連携により世界に類のない技術開発に取り組む研究戦略型の企業を目指してきた。特に強固なセキュリティが求められるスマートフォン向け遠隔医療用システムの展開やそれを支えるネットワークインフラ技術等の開発に実績を持ち、「セキュリティに強いスマートフォン向けソリューション開発」は国内外に数多く導入されている。
 他方、トヨタ九州は「地域社会の発展・取引先との共存共栄」を基本理念の一つに掲げ、九州の持つ力を再発見し活かす地域連携活動として、地元ITベンチャー企業との協業により、九州全体の競争力強化に貢献する取り組みを重視している。

(有)TRIART
http://triart.co.jp/

トヨタ自動車九州(株)
https://www.toyota-kyushu.com/

2017年8月7日発信

 
 
会社案内お問い合わせ