日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

公的機関だけでなく、自治体や民間組織での調達にも利用可能な
「ネットワークカメラシステムにおける情報セキュリティ対策要件チェックリスト」を公開

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、政府機関や自治体をはじめネットワークカメラシステムの調達者が活用できる「ネットワークカメラシステムにおける情報セキュリティ対策要件チェックリスト」を公開した。
 近年、公共の場に設置されたネットワークカメラの映像が不特定多数に閲覧できる状態にあったことが指摘され、情報セキュリティ対策の必要性が認識されるようになった。国の機関などがネットワークカメラシステムを調達する際には、その運用において想定される脅威への対策を講ずることが「統一基準」で求められている。
 そこで、IPAではより安全な国民サービスを提供するための政府調達推進の一環として、ネットワークカメラシステムの機能と運用におけるセキュリティ上の対策を確認できるチェックリストを公開している。
 チェックリストは、「必須要件」と、「条件によっては必須とする要件」との2パターンで構成されている。実現が難しいセキュリティの要件を推奨するものではなく、調達者にとって解りやすく、かつ市場調達の観点からも現実的な要件のみを記載しているのが特徴。これらの要件の策定にあたっては、まずネットワークカメラシステムの実態調査と市場関連製品の調査を行った。そして、@保護すべきデータや想定される脅威の分析、A脅威への対策の洗い出し、B委員会による対策の要件化、を行った。
 公開された第1版では、物理的または論理的な閉域網を対象としているが、インターネットに直接接続されたネットワークカメラシステムの追加要件の公開も計画している。
 チェックリストは、設計構築・運用・保守・廃棄フェーズがあり、フェーズ毎に調達仕様にそのまま転記して利用できる「仕様書へ記述する要件」と、組織が自ら構築する際に参考となる「組織における対策/運用」が記載されている。
 また。チェックリストは、政府機関の調達のみならず自治体や民間組織における調達への活用も可能。なお、検討委員会のメンバーであった横浜市では、平成30年度以降のIoTシステムや製品の調達において、同チェックリストを参照する検討をすでに始めている。
 なお、同チェックリストおよび関連する調査資料は、製品のセキュリティに対する仕様変更や、IoTに対する攻撃手法の変化に伴い更新する予定。調達時には以下のURLからダウンロードし、最新のチェックリストの利用を推奨している。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
https://www.ipa.go.jp/security/jisec/choutatsu/nwcs/index.html

2018年1月9日発信

 
 
会社案内お問い合わせ